金融緩和が行われる目的

日本では、景気が今以上に下降しそうな場合に打ち出される対策として、日本銀行による金融緩和が挙げられます。
金融緩和では、世の中に出回るお金を増やすことで、景気を好転させます。
主な内容としては、金融機関が提供している金融商品の金利を引き下げることと、量的緩和があるのです。
金利の引き下げを行うことで、企業も個人も金融機関からお金が借りやすくなります。
また、量的緩和では日本銀行が銀行から国際を買取ったり、銀行が融資として貸し出すお金を増やします。
金融緩和を行うことで、個人消費の増加、業者は販売意欲または製品の品質向上等が期待されます。
金融緩和が成功すれば、企業の儲けも見込めることから、結果働く人の給与が増える等のメリットがあるのです。

Google Apps Script